忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/25 20:37 】 |
6/24公開「ウルトラヴァイオレット」
ウルトラヴァイオレットウルトラヴァイオレット
イヴォンヌ・ナヴァーロ 鎌田 三平

竹書房 2006-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テレビを見ていたら予告CMが流れた。パッと見、「イーオン・フラックス」かと思ったけれど違った(「イーオン・フラックス」は観たことがないので、飽くまでイメージ)。「マトリックス」を意識した好みのB級アクションがまた出てきたのかと思えば、どこかで見たことのあるアクション(腕を交差し左手の銃を右、右手の銃を左に撃つアクション)が登場。あれ?「リベリオン」?

調べてみたら案の定。監督が「リベリオン」で新しい武術“ガン=カタ”(銃を使ったカンフー)を生み出しちゃったカート・ウィマーだった。好きだなあ。僕もこのノリ好きだ。「リベリオン」同様、映画館に行ってしまうかもしれない。金の無駄と思われるかもしれないが、こういうストーリー皆無っぽいアクション映画(「リベリオン」の経験から言う憶測だが)は、映画館の環境で見た方が良い。が、締めるところは締める。前売り券を買うほどの意気込みは持たなくて良いから、レイトショーか、サービスデーを利用して節約。だらっと観た方が吉。

なんてことは映画好きの人には当たり前のことなんであーだこーだは言わないけれど、この映画はそういう観方をするべき映画だろうと言いたい。アメコミを意識した作品。まんまアメコミの演出があったりして、一部でアメコミのイメージが先行しているらしいけれど、アメコミ原作ではないらしい(アメコミ言い過ぎ)。ミラ・ジョヴォヴィッチについては最早ツッコまない方が良さそうで、内容同様スルー的な感じで。アクション道楽で楽しもう。ミラと言い、タイトルと言い、「ヴ」は強調したい感じだ。

ソニー・ピクチャーズ - ウルトラヴァイオレット
http://www.sonypictures.jp/movies/ultraviolet/index.html
PR
【2006/06/16 00:14 】 | 雑談 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ホラーショー | ホーム | ビューティフル・ドリーマー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]