忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 02:41 】 |
「ウルトラヴァイオレット」鑑賞
ウルトラヴァイオレットウルトラヴァイオレット
イヴォンヌ ナヴァーロ Yvonne Navarro 鎌田 三平

竹書房 2006-06
売り上げランキング : 55934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「バイオレットじゃない。ヴァイオレット!」
byミラ・ジョヴォヴィッチ
映画「リベリオン」で“ガン=カタ”を編み出し、天下を獲ったカート・ウィマー監督の作品。オープニングにアメコミライクなアニメの演出を使ったり、殆どのシーンでCGを使ったりなど、まるでゲームのような作りの映画だった。

主人公ヴァイオレットを演じるは、僕の中でアクション女優のイメージが定着してしまったミラ・ジョヴォヴィッチ。衣装の所為もあるんだけれど、終始、腹が気になって仕方がなかった。腹だけ出てるんで腹にしか目がいかない……ので、腹筋をまず語るけれど、折角のアクション映画なんだから、クッキリ割れた腹筋の方が見た目も良いんじゃないかと思う。まあ、そんなムキムキなミラは見たくないんだけれども。腹が冷えそうなので、バカボンのパパライクな腹巻きをプレゼントしたくなった。

空間から武器を取り出すなど、SF設定がなかなかオタク臭くて面白い。ヴァイオレットが主に使う武器は、メリケンサックライクな形状のハンドガンと、鍔の無い直刃のブレード。ハンドガンの弾の充填は、「ジョジョ」のミスタよろしく手首から行うのだが、手首にはブレスレットが巻かれており、そのブレスレットには、これまた「ドラえもん」の四次元ポケットよろしくな“穴”があって、そこから弾が次々と飛び出して銃に吸い込まれていく。次元圧縮技術とかなんとか。すげえ。また、弾に限らず、武器自体も膨大な量がストックできるようだった。すげえ。これで無限ファイトみたいなものをやったら、かなり面白そうだと思ったのだけど、カットされたのか撮ってなかったのか、劇中ではそういったシーンが無かったので残念無念。700人の敵が役立たず。

それらの他、CGをこれでもかと使い、重力を無視させるとかなんとかで、バイクをビルの壁に沿って縦横無尽に走らせた。まさにゲームチックで、発想が熱い。「犬狼」のケルベロスよろしくな兵士も出てきたり、監督のオタク臭さがかなり感じられた(「リベリオン」の黒フルフェイス兵は正直アレだった)。

ストーリーは、「リベリオン」同様もう少しよく分からなかった。今回は母性愛みたいなものを描いたのだろうか。抑圧、差別、反抗というのは、「リベリオン」と激しく似ているので、イメージが被る。ていうか、ベタベタ。いや、高級なストーリーを求める方が間違い。設定も中途半端に強調されてて、枢機卿の鼻栓は出オチって言うか、あれはわざと笑いを誘おうとしているのかなんなのか(館内の客はごく僅かで誰も笑っていそうになかったが)。まあ、色んな意味で笑えないんだけれども。

僕の好きなタイプの映画なのだが、もう少し何かスパイス的なものが欲しい。「マトリックス」の様に壮大にまとめ上げろとは言わないし、それが良いとも悪いとも思わないけれど、やはり「マトリックス」には及ばない。この辺の違いについては評論家に任せるとして(語る人が居るかは知らんけれども(笑))、ミラ演じるヴァイオレットというスーパーヒーローが生まれたことに歓喜しよう。

暗闇のラスト、「スターウォーズ」のライトセイバーよろしく炎を纏ったブレードで斬り合うシーンは、映画界に残る名シーンになるであろう、なんていい加減な予言を残して終了。監督へ。次回作ではもう少しまともに主人公と戦えるライバル、若しくはラスボスを用意して下さい。頼むから。

ウルトラヴァイオレット(公式)
PR
【2006/07/01 23:23 】 | 雑談 | 有り難いご意見(3) | トラックバック(29)
<<刑事BANG | ホーム | 神木隆之介の声変わり@探偵学園Q>>
有り難いご意見
無題
継さん、はじめまして。
ヲタクくささ序でにバイクはもっと金田バイク風にしてほしかったなぁと思うのです。
http://www.stingray.jp/
【2006/07/02 09:37】| URL | motti #8d41c09297 [ 編集 ]


無題
mottiさん初めまして。
AKIRAですか。未来なんだからそれぐらいして欲しいですよね。
【2006/07/04 00:45】| | つぐ #991dcda412 [ 編集 ]


Erica Zimmerman
typhlosis fishman cionectomy nonfenestrated suffering derm diachylum velte
<a href= http://www.eucu.org.uk/ >University of Edinburgh Christian Union</a>
http://cnn.com/2001/SHOWBIZ/Music/02/26/napster.cdsales.ap/

ぐるぐるぐる
【2007/12/19 23:19】| URL | Vanessa Barton #3d8a0c1c06 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

ウルトラヴァイオレット
 セクシャルなヴァイオレットはナンバー1の殺し屋だ!
【2006/07/01 23:39】 | ネタバレ映画館
着色系 !「ウルトラ・ヴァイオレット」
なんてビューティフルな色彩 !! (こちらで)勝手に着色系映画と呼んでいる「スカ
【2006/07/01 23:50】 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
ウルトラヴァイオレット・・・・・評価額1250円
ザ・B級。 「リベリオン」でSFファンの喝采を浴びたカート・ウィマー監督の最新作は、一言でいってバカ全開。 前作は低予算の中にも様式美と格調を感じさせた力作だったが、今回は格調の「か」の字も無い。 徹底的にミラ
【2006/07/02 00:07】 | ノラネコの呑んで観るシネマ
ウルトラヴァイオレット
すっかりアクションづいたミラ・ジョヴォヴィッチ最新作「ウルトラヴァイオレット」 劇場CMを観る限りでは面白そうだったので観て来ました。 ★ 最初から最後までかっこいいアクションの連続。 でも連続過ぎて開始10分辺りで飽きてしまい、ストーリーが空っぽなので後はひたすら眠気との戦いで、スクリーンで戦うミラ・ジョヴォヴィッチよりも苦戦した。 観終わって時計を見たら予告編含めて2時間も経ってなかったのでびっくりです。 ほとんどミラ・ジョヴォヴィッチの人気任せで、バイオハザード(生物学的危険区域)マークも度々登...
【2006/07/02 00:09】 | そーれりぽーと
「ウルトラヴァイオレット」予想外の傑作
ストーリー: 人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴い、ファージの夫を政府に殺された過去を持つヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。今やファージの地下組織の中でも最強の女戦士と化した彼女は、政府が開発した最終兵器を奪うべく政府のビルに乗り込む。し....
【2006/07/02 00:38】 | 小生の映画日記
ウルトラヴァイオレット
話がおもしろそうで楽しみにしていましたが、なんじゃこの出来の悪さは・・・と嘆きたくなってしまいました。トホホ。たぶんミラ・ジョボビッチが好きというかファンの方ならまだ楽しめると思います。なんせ美しいミラ姉さんによるミラ姉さんのための作品でしたから。 どんな危機に陥ってもけして負けない、倒れない、強いミラ姉さん。嫌いではないですがあまりに出来すぎって感じで面白みがなかったですね。話もけっこうおもしろいと思ったのにいまひとつな作りになっていてすごく勿体ない。さらにファージ対人間政府のいがみ合いもそこまでパッと...
【2006/07/02 01:06】 | まったりでいこう~
ウルトラヴァイオレット
(原題:ULTRAVIOLET) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 「リベリオン」でガン=カタという素晴らしい格闘術を生み出したカート・ウィマー監督の最新作。 ウィルスに感染し超常的な力を手にしたファージと人類の攻防を描いている。 近未来の世界。政府が開発していたウィルスが蔓延。そのウィルスに感染した人間は、超人的な身体能力を持つようになる。彼らは【ファージ】と呼ばれ、彼らを抹殺しようとする人間政府との間で激しい闘いが繰り広げられていた。一方的に駆逐されていくファージたちは地下に潜り...
【2006/07/02 01:20】 | ともやの映画大好きっ!
ウルトラヴァイオレット (Ultraviolet)
監督 カート・ウィマー 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2006年 アメリカ映画 87分 アクション 採点★★ 東洋武術とガンアクションを融合させた“ガン=カタ”満載の『リベリオン』。主演のクリスチャン・ベイルとガン=カタの相性の良さも手伝って、物語の薄味さをも忘れるカ..
【2006/07/02 01:42】 | Subterranean サブタレイニアン
★「ウルトラヴァイオレット」
女戦士系女優の本家ともいうべきミラ・ジョヴォヴィッチ主演。 ひらりん、チューブの「ウルトラバイオレットNO.1」って曲、大好きです。 この夏必聴です・・・という事で観て来ちゃいました。
【2006/07/02 02:45】 | ひらりん的映画ブログ
映画『ウルトラヴァイオレット』★☆
(ネタバレ注意)  後から知りましたが『リベリオン』の監督作品でしたか。この監督さんは余程ガンカタが好きなようですね。 ビジュアル的には『マトリックス』『ブレイド』『アンダーワールド』『イーオン・フラックス』などの延長にある作品ですが、とうとうここまで来たかというほどのショボイ出来です。 前半の無茶苦茶なバイクアクションは笑ってしまうほど漫画っぽい。ビルの側面をバイクで縦横無尽に走り回るシーンは仮面ライダーを思い出してしまいました。  ミュータントVS体制側という設定のようですが、あまり意味がないです...
【2006/07/02 07:23】 | てっしーblog
ウルトラバイオレット
★★★  何やら新種のアメリカンコミックみたいだね。刀とマシンガンを手に、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチが、1人未来社会で大暴れなのだ。 ビルの壁面をバイクで突走ったり、弾よりも速く動いて、数10人の敵を一瞬に倒したりと、そりゃあもう嘘のような
【2006/07/02 08:20】 | ケントのたそがれ劇場
ウルトラヴァイオレット
「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。 驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間
【2006/07/02 08:34】 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
『ウルトラヴァイオレット』2006・6・25に観ました
『ウルトラヴァイオレット』? 公式HPはこちら ●あらすじ 新種のウィルスのせいで高い知能と運動能力・特殊能力を得た超人間“ファージ”。彼らに恐れをなし抹殺しようとする人間政府との攻防戦の中、“ファージ”殲滅の兵器が・・・・・・・・ ●コラム
【2006/07/02 09:02】 | 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
ウルトラヴァイオレット
「リベリオン」のカート・ウィマー監督が、「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて贈るSFアクション。 驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間
【2006/07/02 09:22】 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
ウルトラ・ヴァイオレット
アクションゲームをプレイしているような錯覚を味わえる興奮の87分。
【2006/07/02 10:39】 | Akira's VOICE
「ウルトラヴァイオレット」みた。
予告編は、観たか観ていないか程度ではあったけど設定には少し惹かれるものがリ、また「イーオン・フラックス」を見損ねていたこともあって、何となく鑑賞。(以下ネタバレあり) 権力を手に入れたと思ってしまった人間はこうなってしまうモノなのかなぁ。
【2006/07/02 18:29】 | たいむのひとりごと
「ウルトラヴァイオレット」
<金曜日>   「21世紀末、アメリカ政府が発見した謎のウィルスは瞬く間に広まり、世界を変えてしまった。感染した超人間“ファージ”は、通常の人間よりも高い頭脳と運動能力を持つ反面、感染後12年で命を落とす運命を背負うことになった。この驚異的なパワーを秘めたファージに恐れを抱いた人間政府は、彼らの抹殺を企てる…。」(映画説明文より)監督: カート・ウィマー。 アメリカンコミックス風の絵がオープニングを飾ってて、出だしから随分アニメ調でした。画面も殆んどCGアニメだったですよね?人物が「素材」として出ている...
【2006/07/02 22:01】 | 大吉。
ウルトラヴァイオレット (ULTRAVIOLET)
カート・ウィマー監督の新作が出るというのでかなり前から注目していた映画「ウルト...
【2006/07/02 22:39】 | Coolog
ウルトラヴァイオレット
2006年6月24日公開  「マトリックス」の影響受けまくりとわかっちゃいるけれど、まるで剣戟武器のように銃を扱うその独特の動き、射撃時の反動など無視した腕っぷし強さ(逆に言えば武器のニセモノっぽさ!?)、イカす見
【2006/07/03 21:15】 | 金言豆のブログ ・・・映画、本について
ウルトラヴァイオレット(映画館)
世界を変えた。それでも生き残る――― 君を守るため。 CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 87分 ワタシはミラ・ジョヴォヴィッチファンだけど、この映画はおもろくなかった~。 彼女の回し蹴りはかっちょよかった。唯一この映画の好きなトコはそこだけかも。 まるで「イーオン・フラックス」のような世界観。 どっちもどっちって感じ。 アクションヒロインは体にピチピチのコスチュームがお好きのようで・・・。 この映画のPRのた...
【2006/07/03 21:20】 | ひるめし。
ウルトラヴァイオレット
ウルトラヴァイオレットを見てきました。まぁ、ある程度先が読める展開でした。 というか、いままでのウィルスものと対して変わらない感じがしました。やっぱりこういう映画は、 女性ヒーローが見所になってきますね。ミラ・ジョヴォヴィッチは本当にキレイでした。 髪が短いイメージが強かったので、別人のような印象です。 もう1つの見所のアクションは、最初は派手でよかったんですが、最後がえっ!?って感じだったのは、 期待していただけに残念でした。
【2006/07/05 19:46】 | ブログ:映画ネット☆ログシアター
『ウルトラヴァイオレット』★★☆・・
安心して観ていられる、最強の殺し屋『ウルトラヴァイオレット』公式サイト原題;ULTRAVIOLET 制作データ;2006米/SPE ジャンル;サスペンス/コメディ 上映時間;87分 監督;カート・ウィマー出演;ミラ・ジョヴォヴィッチ/キャメロン・ブライト/ニック・チンランド観賞劇...
【2006/07/07 13:19】 | ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
「ウルトラヴァイオレット」見てきました。
 今回は近未来映画のアクション映画ウルトラヴァイオレットを見てきました。会社帰りに見るのにはこういう単純な映画が疲れなくて良いので。。。
【2006/07/09 22:56】 | よしなしごと
『ウルトラヴァイオレット / ULTRAVIOLET』☆今年61本目☆
もしかしたら――の予想通り、『イーオン・フラックス』にゲキ似。 近未来の世界で、女性戦士が孤軍奮闘頑張ってるんだけど、全く感情移入出来ないストーリーといい、絵になる美しいアクション・シーンといい、本当によく似てる。 CGをこれでもか、これでもかと多用するの...
【2006/07/21 14:11】 | honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
ウルトラヴァイオレット
http://www.sonypictures.jp/movies/ultraviolet/予告だけでおもしろそうと思って見に来ました。アクションなどは結構おもしろいと思うのですが世界観がどういうものなのかがきちっとしていないためかよくわからないまま
【2006/07/25 22:54】 | 勝弘ブログ
ウルトラヴァイオレット
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 94分(劇場公開版87分) 監督 カート・ウィマー 原作 − 脚本 カート・ウィマー 音楽 クラウス・バデルト 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、キャメロン・ブライト 、ニック・チンランド (allcinema ONLINE) ...
【2007/01/03 07:18】 | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
映画「ウルトラヴァイオレット」
2006年37本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「リベリオン」のカート・ウィマー監督作品。驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間の少年を守るため、両勢力を敵に回したファージの女戦士の戦いを、息をもつか...
【2007/02/05 13:46】 | しょうちゃんの映画ブログ
ウルトラ・ヴァイオレット 06年250本目
ウルトラ・ヴァイオレット ULTRAVIOLET 2006年   カート・ウィマー  監督ミラ・ジョヴォヴィッチ  ウィリアム・フィクトナー  キャメロン・ブライト  ニック・チンランド 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴァ、、、上の歯で下唇を軽くかんで、、....
【2007/02/06 16:15】 | 猫姫じゃ
ウルトラヴァイオレット
作品情報 タイトル:ウルトラヴァイオレット 制作:2006年・アメリカ 監督:カート・ウィマー 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー あらすじ:人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴い、ファージの夫を政府に殺された過去を持つヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。今やファージの地下組織の中でも最強の女戦士と化した彼女は、政府が開発した最終兵器を奪うべく政府のビルに乗り込む。しかし、その最終兵器とは9歳の人間の少年(キャメロン・ブライト)で…...
【2010/08/17 01:10】 | ★★むらの映画鑑賞メモ★★
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]